2019年4月の投稿 - 遊戯部すずき組

ボードゲームのミニチュア塗装(WarColors Shadeレビュー) - undefined


豪華なコンポーネントが好物のMooMoo-yaです。

最近ボードゲームのミニチュア塗装にハマっているのですが、年末にキプロス共和国で製造されている模型/ミニチュア用水性途料のWar ColoursShadeセットを購入してミニチュアを塗装したので紹介しようと思います。

本日のお題

塗装するミニチュア

Orc Abomination

Kickstarterで蹴ったZombicide: Green HordeのOrc Abominationです。

Zombicideは現代版も持っていて遊んでいましたが、ファンタジー版はこれが初めてです。現代版よりもゲームが派手なのと、コンポーネント類が洗練されているのでプレイしやすくなった印象です。難易度は現代版よりもマイルドになっていて気づいたら絶望的な状態、というのはなさそうな感じになりました。

使った塗料

下地はガンプラ用のサフを流用してメカサフで塗装していますが、基本はWarColoursのOne-CoatとShadeで塗っています。アクセントでCitadelのNURGLE’S ROTとBLOOD FOR THE BLOOD GODをちょいちょい、と。

WarColoursのInkとTransparentはShadeでも賄えた気がします。

WarColoursのOne-CoatとShadeはフルセットで買ってしまって良いと思います。One-Coatは良い評判聞いていましたが、Shadeもすごく使いやすい。というか私が期待した使い方(シェイディング&ウォッシング)にぴったりでした。

続きを読む

Copyright (C) 2016-2018 遊戯部すずき組 All Rights Reserved.